桜舎

障がいのある方々と一つ一つ丁寧につくったぱんや焼き菓子を販売しています。
桜舎かふぇで使用している厳選された調味料(塩、醤油、酢等)や
食材(ジャム、パスタ、ソイミート等)、お茶類も取り扱っています。

  • 有機農家の方といっしょに、手づくりのえさを与え、
    自然の中でゆったりと愛情こめて鶏を育てています。
    この鶏が産む卵を「わたしのたまご」と名付けました。
    ぱんやランチ、スィーツに使っています。
    おからや野菜を食べて育った鶏の卵は、色見がやさしく、
    生の黄身がつまめるほど、ぷりっぷりの弾力。
    味も鮮度もすべてが自慢の卵です。

  • 「わたしのたまご」でつくった
    カスタードくりーむたっぷりのくりーむぱん、くりーむメロンぱん

  • 全粒粉カランツくるみぱん

    各種ベーグル 等

  • 「わたしのたまご」をつかった焼き菓子
  • オートミールクッキー

    フィナンシェ 等

  • マクロビオティックの焼き菓子
  • スマイル玄米くっきー

    カントリーくっきー

    キャロブチップスコーン 等

桜舎がたいせつにしたいこと

桜舎の運営は、「わたしの会社」という福祉施設が行っています。
「わたしの会社」には、さまざまな障がいのある方が通い、桜舎を運営したり、
有機農家の方といっしょに鶏を育てたり、創作活動(手織り・絵画)を行ったりしています。
障がいのある人もそうでない人も全ての人が、その人間性を尊重され、
いきいきと生活できるような地域社会を実現したいと考え、活動しています。
お店の収益は、桜舎とその関連事業で働く障がいのある方に全て還元されます。
つまり桜舎でお買い物をする事は障がいのある方の地域生活を支えることにつながります。
逆に桜舎からは、生活や暮らしにとって本当に良い物を提案することで
みなさまに貢献したいと思います。
支えたり、支えられたりしあえる関係を築いていきたいです。
桜舎では、放射能の影響を受けやすいとされる
小さいお子さんや妊娠中のお母さんにも安心して食べてもらうために、
食材の放射能汚染は「限りなくゼロ」を目指します(※1)。
基本的に、一般に行われている検査(検出限界20ベクレル〜50ベクレル)より
きびしい精密検査(検出限界1〜3ベクレル程度)を受けて
放射能が不検出であった食材を使用(※2)しています。
(※1)国の定めた食品の放射能汚染の規制値は1キログラム当たり100ベクレル(乳幼児は50ベクレル)を上限としています。
これは「99ベクレルの汚染された食べ物なら販売しても良い」とするものです。
しかし、例えばドイツの権威ある研究機関・ドイツ放射線防護協会では8ベクレル(乳幼児は4ベクレル)を規制値とするなど、
「これなら安心」という数値は研究者の間でも定まっていないようです。
だから桜舎では限りなく0に近づけたいと考えています。

(※2)海外産のもの、北海道と愛知以西が産地のものの一部は精密な放射能検査を実施していない場合があります。
やむを得ない事情により、食品の調達を優先せざるをえない場合があります。ご容赦ください。
  • わたしの会社は、
    8月11日(金)〜16日(水)まで、
    お盆休みをいただきます。
    桜舎、かふぇの営業日は、
    営業日カレンダーをご覧ください。
  • わたしの会社
  • 〒990-2433 山形市鳥居ヶ丘 26-27
  • TEL 023-633-1903
  • FAX 023-633-2202
  • 月〜金営業
    AM10:00〜PM5:00
  • 火〜金営業 AM11:00〜PM4:00
    ラストオーダーPM3:30
    ランチはなくなり次第終了します。
  • 8台 /5名様以上でご来店頂く場合は
    ご予約ください(023-633-1903)
  • 月〜金営業 AM10:00〜PM4:00
(C) 社会福祉法人 ほのぼの会| All Rights Reserved. |login|Powered by samidare

Access 906,417pv (2007.05.02〜) Today 130pv Yesterday 341pv